サイトマップ|会社概要

dummy

焼いもっ娘サイドナビ

エコファーマー

エコファーマーとは

「エコファーマー」の「エコ」は、エコロジー(生態学)に由来しますが、「エコマーク」「エコビジネス」など、環境にやさしいもの、配慮したものの象徴として広く親しまれている用語です。
また、選考の場では、仏教用語の「依怙(えこ)(神仏に依り頼むこと)」になぞらえ、自然や環境との調和を拠り所とするとする「エコ」もこれに通じる、あるいはエコファーマーに環境を「えこひいき」してもらおう、という声も聞かれ、全国環境保全型農業推進会議の場で全会一致で決まりました。

エコファーマーとは、持続性の高いの王行生産方法(土づくり、化学肥料・化学農薬の提言を一体的に行う生産方法)を導入する 計画を立て、都道府県知事の認定を受けた農業者です。

―農林水産省ホームページより引用―

「安心・安全」鹿児島の農林水産物

かごしまの農林水産物認証制度


生産者の安心・安全な農林水産物を生産する取り組みを消費者に正確に伝え、鹿児島県産農林水産物に対する消費者の安心と信頼を確保するため、安心と安全に関する一定の基準に基づき審査・認証機関が認証する鹿児島県独自の認証制度。

安心・安全の考え方

◆「安全」とは、生産・栽培基準に適合した生産管理又は栽培管理がなされ、適正に管理された施設等で集出荷が行われていること。 ※生産・栽培基準:安全性などを考慮した関係法令等を踏まえ、県が策定した生産又は栽培に関する指針及びそれらに基づき地域で作成する生産又は栽培に関する基準等をいう。

◆「安心」とは、生産履歴等の記録・保存の確実な実施、生産管理責任者等の設置、適正な表示、消費者の疑問若しくは質問又は万が一の事態に速やかに対処できるなど消費者の信頼を得られる体制が整備されていること。

―かごしまの農林水産物認定制度詳しくはここをクリック―

JTCCMによるISO認証»ISO 9001:2008

認証マーク等

dummy