商品写真01
商品写真02
商品写真03
商品写真04
商品写真05
商品写真06
商品写真01サムネイル
商品写真02サムネイル
商品写真03サムネイル
商品写真04サムネイル
商品写真05サムネイル
商品写真06サムネイル

旬の時期限定商品を【送料無料】でお届けします!
秋冬はやっぱりお家でまったり焼き芋を焼いて、焼きたてのお芋を楽しみたい!そんなあなたにおすすめです。
また、生芋はお料理やお菓子へのアレンジも自由自在。お好きなレシピ・調理法でお楽しみください♪
販売は、毎年10月中旬~2月の末頃が目安です。詳細はふじた農産通信やSNSでお知らせいたしますね。

生芋の保管について

商品到着後は速やかにお芋の状態を確認していただきますようお願いいたします。
見た目がきれいなお芋も触って柔らかくなっていないか確認してください。
安納芋は他のお芋に比べて水分量が多いこと・糖度が高いことから稀に傷み・カビが発生している場合がございます。
出荷時には検品を行い、きれいなお芋だけをお届けできるようにしておりますが、青果物であるがゆえ、避ける事の出来ない部分もございます。
少々多めにお芋をいれさせていただいておりますのは傷み・カビが発生してしまったお芋を取り除いていただくためです。
商品の状態を確認していただいた後は風通しが良く、湿度の少ない冷暗所で保管し、なるべく早めにお召し上がりいただきますようお願いいたします。

安納芋生芋のご自宅での焼き方

あくまで一例ではございますが、安納芋生芋のご自宅での焼き方をご紹介いたします。

安納芋発祥の地 種子島

1.安納芋を洗ってアルミホイルに

安納芋は土が残った状態で届きます。洗ってアルミホイルに包んでください。
皮が削れてしまうような強い洗い方ではなく、土をお水で優しく洗い流すようにお願いします。

石蔵貯蔵

2.まずはオーブン200度で1時間!

アルミホイルに包んだ安納芋は、まずオーブンの200度で1時間焼いてみてください。トースターの場合も同じように1時間からスタートしてみてはいかがでしょうか。
その後はお芋の様子を見ながら20分・30分と焼き時間を増やしていくのがおすすめです♪

元祖溶岩炭火焼製法

3.ご自宅でしっとり甘い焼き芋をお楽しみください♪

焼き加減がなかなか難しいというお客様もいらっしゃいますが「辛抱してあと20分焼いたら大きな変化があった!」という場合も・・!
皮にじんわり蜜が滲めば大成功!青果物であるためもちろん個体差はありますが、焼く過程もあわせてお楽しみください♪

おいしさの秘密

安納芋発祥の地 種子島

安納芋発祥の地 種子島

安納芋は、安納地区を発祥とし、今では種子島全島でつくられている特産物です。
種子島は隆起性の島でミネラル分を多く含み、甘くておいしいサツマイモを作るのに適した土壌です。
ふじた農産の安納芋は種子島で甘く、まろやかに育っています。

石蔵貯蔵

石蔵貯蔵

収穫された芋は、数日間特別な環境に置き、強い芋へと整えた後、種子島の山を切り開き、石を積み上げてつくられた島唯一の貯蔵用石蔵で長期貯蔵しております。
こだわりぬいて作られた石蔵での貯蔵を終えた安納芋は、さらに甘みのあるおいしい芋としてお客様に届けられます。

安納芋生芋の楽しみ方

ストーブでじーっくり

ストーブでじーっくり

秋から冬にかけての時期はやっぱりお芋が食べたくなる季節
電子レンジで簡単に・・ももちろん良いですが、ストーブの上でじっくりコロコロ転がしながら焼くのも楽しいものです。お部屋が安納芋の甘いにおいで満たされますよ♪

安納芋モンブラン

お菓子にアレンジ

青果で届いたお芋はお菓子へのアレンジにもぴったりです♪
安納芋の自然な甘さは砂糖いらず?!と言われるほど。
スイートポテトや安納芋プリン、安納芋モンブラン・・お好きなレシピでお楽しみください。

安納芋ポタージュ

お料理にアレンジ

しっとりあま~いことで知られている安納芋ですが、お料理で使用される方も多数!
王道の安納芋の天ぷらやサツマイモご飯、暑い時期には冷製ポタージュ等もおすすめです。

商品のご購入

【常温】2019年 新芋 種子島産 石蔵熟成 安納芋 3キロ

営業日カレンダー

2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休業日

※休業日は、発送・お電話での受付業務はお休みです。